結婚祝いのお祝いギフトは、おめでたいことだけに、やってはいけないタブーもいくつかありますので注意です。

贈り物の達人 お祝いギフトの上手な選び方
贈り物の達人 お祝いギフトの上手な選び方

結婚祝いのお祝いギフトを贈る際のタブー

結婚祝いのお祝いギフトは、何でもいいというわけではありません。相手の好みも大切ですし、役に立つかどうか、他の人とかぶらないかどうか、など、気にすべきことはたくさんあります。また、タブーもいくつかありますので、知っておくほうがいいでしょう。昔ながらのタブーは、最近では知らない人も多く、気にしない人も増えてきたようですが、それでも誰が見ているか分かりませんし、ご夫婦は気にしなくても、そのご両親は気になさるかもしれません。いろいろな世代の人が見ているということを頭に置いて選ぶほうが無難です。たとえば、日本では言葉の響きにたいへん気を使います。切れる、割れるなどの言葉は、結婚生活をこれから始める二人にとって縁起が良くないということで、避けたほうがいいでしょう。つまり、ハサミなどの刃物や、鏡やグラスなどの割れ物は、やめた方がいいと思います。

ただ近頃ではグラスや食器などは人気のギフトだそうで、気にならない人も多いそうですから、もし相手が希望するようなら快く贈るといいでしょう。また、包丁やナイフなどの刃物も、相手がまだ揃えていなくてぜひ欲しい、というようなら贈っていいと思います。新生活では、新しい包丁も必要になるでしょうし、細かいことを気にするより必要なものを揃えたい、という人もいるでしょう。数も気にする人がいるそうなので、4、6、9などは避けたほうがいいそうです。偶数だと割り切れてしまってよくないので、奇数にしたほうがベストです。

Copyright (C)2019贈り物の達人 お祝いギフトの上手な選び方.All rights reserved.